悲しいお知らせです。

14728664580.jpeg

空澄ちゃん、昨日には
ゆっくり寝てる姿も見られ
ご飯もおいしそうに食べてくれる様になり
あ、だいぶ落ち着いて来たのかなと
嬉しく思って居ました。

始めは幸多と仲良くなれないかも
って思ってたけど
幸多も空澄ちゃんに興味津々で、
空澄ちゃんも幸多の近くに行きたいみたいで
白血病とエイズの検査が確定するまで
遊ばせてあげれないけど
ケージの2階と3階で手を伸ばしあい
ロミオとジュリエットをしてたから
いつか遊ばせれるようになるかなと
微笑ましく思って居ました。

空澄ちゃんがすごい声で鳴いてたのは
結局、発情期じゃなく寂しくて?
外に出たくて?だと
もう一匹を保護したMさんに言われました。

そっちの子もすごい鳴いてるそうなので。

空澄ちゃんはずっと幸多が居る方に向かって
必死に鳴き続けるので
幸多も疲れて来たのか見えない場所で
くつろごうとするのですが
空澄ちゃんが覗き込むように
余計大きな声で鳴き続けて居ました。

夜中1時頃寝ようとすると
声はだんだんすごい音量になり
ちょっと、近所におこられちゃうから
静かにしてね~とか声かけても無駄で
そのうちガッチャガッチャ暴れ始めて、
ちょちょちょ…怪我するよ…って見てたら
また2階との仕切りを壊しました。

私も3日の寝不足がたたり
ボーっとするのとくらくらするのとで
ぇ…っと思ってる間に
空澄ちゃん部屋の中へ逃亡。

まって、どうしよ、ゴム手袋して
捕まえなきゃと思ってる間
家の中全力ダッシュ。

そして私の家のベランダの網戸は
よく開ける度にはずれるくらい
何かはまりかたが浅いんですが
そこへ突撃して網戸をはずし
ベランダに出てしまいました…。

まさかここ3階だし飛び降りれないよね…

そう思ってすぐ空澄ちゃんは飛び降りました。

私は絶叫して裸足のままベランダへ出て
下を覗きこんだら
なんとそこには隣の家の屋根
しかもなんか平らな感じのが
すぐ同じ高さくらいにあって
そこを悠々と走って逃げる空澄ちゃん。

私は、家…?ベランダ…?の構造上
ベランダへ出て周りを見る事がないので
そんなすぐのとこに屋根が有るとは思っておらず
屋根を裏の方へ向かって歩いて行く空澄ちゃんを見て…
どこへ探しに行けば良いの…と
宛てもないままマンションを居り
深夜2時くらいの街をふらふら…
寝不足で頭もまわらず…
どうしたら良いの…って泣きながら探してましたが
友達にLINEしたら
元々野良だから見つかっても捕まえられないだろうし
今日は危ないから帰りなと言われて一旦帰宅。

よく寝て考えようと思ったけど
もうずっとなってなかった過呼吸が
保護前日から再発してて
ショックで苦しくて
あまり寝れませんでした。

でも預かる時、ずっと保護活動してるMさんにも
保護活動してる獣医さんにも
この子は相当難しいよ…
初めて預かるなら無理かもと言われてたので
野良ちゃんを保護する大変さが身に沁み
自分が甘かったんだと思います…。

朝になりMさんにメッセージを送ったら
Mさんの方に居るもう1匹も
大騒ぎ大暴れだそうで
元々は野良ちゃんなんだから
脱走したのは気にしなくて良いと言われました…

不幸中の幸い、野良を保護したとこと
私の家はそんな遠い訳ではないけど
元の場所へ戻れるか
こっちの方がまだ安全だから
こっちで住み着いて生きてくれるか
せめて避妊してからリターンしてあげたかったけど
そこまでして外に帰りたかったなら
しょうがないのかも知れませんね…。

Mさんも言ってたけど
やっぱりどうしても家に慣れなくて
脱走しちゃう子はよく居るみたいだから。

空澄ちゃんに慣れてもらおうと思って
美味しいご飯いっぱい買って来て上げたけど
あ、そうか、これどうしよって思ってたけど
Mさんとこに持って行こう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最後まで読んで下さり有り難うございます(o^―^o)
拍手やシェアしてくださると嬉しいです☆
コメント有ればブログ読みに行きます♪

↓ブログランキング両方ポチっとしてね☆
にほんブログ村 猫ブログへ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[ 2016/09/03 11:05 ] 幸多 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する