幸多の猫語辞典

今日も無防備な寝方の幸多です(笑)
寝相

幸多は結構色々な鳴き方をします。

猫の鳴き声の意味を調べても
その子に寄って違う場合も有るので
微妙に使い方が違うのが
毎日一緒に居ると解ります(o^―^o)

①普通のニャー
こっち向いて~って感じです。

②ニャーオ!
何かして欲しい時です。
だっこして!出窓に乗りたい!ご飯ちょうだい!

③ニャッ!orンニャッ!
オッケー!って感じですw

④クルルッorキャッキャorンーンッ♪
ご機嫌で家の中を散歩してる時です

⑤ケケッ
ちょっとイラッとしてる時です。

⑥カカカッorキャキャキャッ
猫じゃらしなどを見て興奮しています。

⑦低くマァーオorナァーオ
不満が有る時です。

⑨ンー…
寂しい時です。

⑩ゴロゴロ、グルグル
甘えたい、甘えて居る時ですね。
安心してる時、幸せな時みたいです。

⑪ギャンッ
しっぽふんじゃった時です←

⑫サイレントミャー
人間には聞こえない周波数で鳴いて居ますが
顔が鳴いている顔をしてるので解ります。
遊んでいるのを私がそっと見守っていると
目が合った時にやります。

まだシャーっと怒ってるとこは
見た事が有りません。

猫は一番ニャーと鳴くのが多いんじゃないの?
と飼って無い人は思うと思うのですが
幸多は一番クルルッが多いです。

クルルッは母猫が子猫を呼ぶ時に使う声らしいんですが
幸多は絶対私を母猫と思って居るので
自分が母猫気分で私を呼んでいると言うのは
無い気がします(笑)

人間に対して使う時は
こっちに来て~遊ぼうよ~一緒に居たい~
みたいな意味だそうです。

かなり信頼してる相手にしか使わない鳴き声らしいです(*ノェノ)

いつも家の中を歩きながら
クルルッ♪ンーンッ♪キャッキャッ♪
ンキャッ♪クルルッ♪
って感じでご機嫌そうにしています☆

[ 2016/01/27 23:11 ] 幸多 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する